たくさんあるパックはどれを使えばいいの?パックの種類と使い分け!

あなたのスキンケアでパックは使用しているでしょうか。

 

重点的なケアという印象も強いパックですが、最近では気軽に毎日することのできるパックがあったりと、パックの需要は高まっているといえます。

 

パックの種類とその使い分けについて考えてみましょう。

 

 

◆パックにはどんな種類があるのか

 

パックといわれてあなたが最初にイメージするのはどんなものでしょうか。

 

パックには本当に様々な種類があり、特徴もそれぞれに異なっています。

 

 

◆洗い流すタイプ

 

スペシャルケアとしてのパックの中で最も多いと思われるのが、この洗い流すタイプのパックです。

 

お肌にたっぷりと塗りつけて、時間を置いて洗い流します。

 

塗っている間に美容成分がお肌に浸透し、さらに毛穴の汚れを吸着してくれるため、洗い流すと美容成分効果+毛穴のお掃除効果が得られるという仕組みになっています。

 

リッチな美容成分でケアできるというメリットと、洗い流す手間というデメリットがありますが、時々はこのタイプでお手入れをしてみたいですね!

 

 

◆フェイスマスク(シート)タイプ

 

手軽に行えるため世代を問わず大人気なのが、フェイスマスクタイプのパックです。

 

美容液成分がシートにたっぷりと含まれており、シートを顔にはるだけでその成分をお肌に届けることができます。

 

また、シートがあるおかげで普通に塗るよりも浸透効果が高いといわれています。

 

使い終わったらはがすだけでいいというのも楽ちんでいいですよね。

 

フェイスマスクタイプは、化粧水がたっぷりと染み込ませてあるタイプもあり、そちらはデイリー使いもできるようになっています。

 

 

◆ふき取りタイプ

 

洗い流すよりも手軽に、毛穴のお掃除効果に期待できるのがふき取りタイプのパックです。

 

お肌につけて5分弱待ったらふき取るだけでOK!

 

毛穴の広がり、毛穴の汚れ、角栓などの肌トラブルが気になる方に特にオススメなのがふき取りタイプのパックです。

 

 

◆ピールオフタイプ

 

貼ってはがすという点ではフェイスマスクと似ているようですが、ぴったりとお肌に吸着させて汚れを取り去る目的であることが多いのがピールオフタイプです。

 

古い角質や毛穴の汚れ、角栓を取り除きたい場合に有効です。

 

はがす形で古い角質を取り除くため、お肌への刺激がちょっと強めなのに気をつけましょう。

 

 

◆クレイタイプ

 

泥パックというのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

泥の持つ汚れ吸着効果で、皮脂汚れや毛穴汚れを取り除き、かつ自然成分である泥のミネラルをお肌に届けることができます。

 

非常に古くから使われてきたパックであるといわれています。

 

 

パックと一言でいっても、こんなに種類があるんです。

 

保湿や毛穴汚れ掃除など、目的に合わせたパックをスキンケアに取り入れてみましょう。